さとこのブログ

家づくりについてや、日々の暮らしについてぼちぼちUPしていきます。

2017年にZEH長期優良住宅の家、住宅ローン1年目で、ふるさと納税ありで、税務署で確定申告の還付申告をしてきました。

2017年分の確定申告(還付申告)に行ってきました。

確定申告の中でも還付申告については、翌年の1月1日以降いつでも提出できます。
確定申告の時期って混むからはやいめがお薦めです!

書類は国税庁のHPからパソコンで作成しました。
今の時期だと税務署に直接行って、税務署の方に書類をお渡しすると入力のサポートをしてもらえるらしいですが、私は家で作成していきました。

夫婦ふたりぶんです。(土地と建物持ち分半々)

我が家は、環境創成イニシアチブのZEH補助金125万円をもらっていたのでその関係書類でわからないことがありました。

それと、我が家は長期優良住宅です。
長期優良住宅の場合は、源泉徴収額からの控除の上限が通常40万円までのところ50万円まで広がります。

ただ、我が家は残念ながら源泉額が40万の半額にさえかすりもしない収入なので、普通の住宅を建てたほうで申告をしました。

そして、迷ったのがZEHの補助金です。

ZEHは『国庫補助金等』になります。

そして、『国庫補助金等の総収入金額不算入に関する明細書』を添付することで、補助金に対する税金はかからなくなります。
(住宅ローンの年末残高から補助金額を引かれるので住宅ローン減税は少し減ってしまいますが…)


それが、この書類です。
f:id:c-satoko:20180209184459j:plain

ただ、この補助金、申請も入金も全部旦那の名前でした。
持ち分半々なのに補助金は全額旦那なの??と思い税務署の方に聞いてみると、補助金の記入は持ち分割合で記入するとのことでした。
1,250,000円の半分の625,000円と記入して提出しました。

この用紙です。
f:id:c-satoko:20180209184537j:plain

確定申告の書類にも625,000円とすまい給付金150,000円を入力したものを提出しました。

確定申告終わって、すっきりです!