さとこのブログ

家づくりについてや、日々の暮らしについてぼちぼちUPしていきます。

賃貸の退去費用を安くする3つの方法!

わが家について

うちは賃貸アパート(Daiwaリビング管理)に5年住んでいました。

最初は新築での入居だったのでまっさらでしたが、小さい子どもが3人いることもあり、5年住まわせてもらった家の中は、退去費用にビビってしまうくらいの状態でした。

メゾネット階段があり、こどもが落ちないように上と下に通せんぼできる扉をつけていたので外したらそこの壁紙がまるーく破れていたり、

 

壁に鉛筆のあとがあったので

おーこれはいけない!

と思い、消しゴムで消すと壁紙自体がぽろぽろと‥‥‥

 壁紙はあらゆるところがたいへんなことになっていたうえ、

 

床も、いつのまになったのかわからない凹みや、扉のひっかきキズなどなど‥‥‥

(多少はホームセンターで買った修復キットで頑張ってはみてものの…)

という状況でした。

 

以前住んでいたアパートも入居時新築の物件でしたが、子どもがもっと小さかったので汚されるまで至らずで、2年間住まわせてもらっての退去費用はエアコンのクリーニング代金8千円位のみでした。

 

そのときは、エアコンクリーニングの費用ってなんなんだ?お金いるの?

と思っていました。

 


最近賃貸物件から退去した友人の話


ここ最近、知人が我が家と同じ管理会社のアパートから約5年間住んでいたアパートを退去しました。

壁紙だとかなんだかんだ~で10万円弱退去費用が必要だったとのこと。

別の友人も、ほかの管理会社だったのですが11万円敷金からもっていかれた~と嘆いていました。


えーーー高っ!!

なんでそんなに高いんだろぅ??

 5年前うちが引っ越したときはエアコンのクリーニング代のみだったのに…


そんなに敷金から引かれたら、どうしよう‥‥‥

今回の退去でいくらいるんだろぅ………と引っ越し前にすごく不安になりました。

 

退去前に実践したこと

とりあえず、できることをしておこう!と思って3つのことを実践しました!

  1. 管理会社に気になっているところは修理をしてもらう!                                                                               退去することがあらかじめわかっている場合は、退去の連絡を入れる前に気になるところを修理してもらっておく。我が家のように家を購入する場合などは特に退去することが半年以上前からわかっています。その場合は、退去の数か月前に気になるところを管理会社さんに連絡し、修理をしてもらう。
  2. 賃貸の家財保険に加入している場合は退去連絡前に活用する 。                                                      退去の立ち合い日では保険は使えません。家財保険を使って修理してもらいます。
  3.  掃除をしましたアピール。

アピールといってもある程度本気で掃除します。

○お風呂の排水溝と、シンクの排水はフタを開けて掃除し、掃除したのがわかるようにフタをあけて外した状態にしておく。

○コンロの上の換気扇は油汚れを残さずにきれいに落としておく。

○クローゼットはすべて開けた状態にしておき掃除しました感を出す。

○トイレは通常の掃除でOK

○もともと設置されていたエアコンは、エアコンクリーナーできれいに洗浄し、割りばしにティッシュをつけてカビっぽい黒いのをふき取る。

↑これだけで8000円うきます。

○窓ガラスは退去前日ぐらいに一気に拭き掃除、サッシも掃除する。

(窓ガラスの場合、掃除したという心意気があればOKなので拭きムラはきにしなくてOK)

○シャッターがある物件の場合、しめておく(床のキズがばれないように(笑))

 ↑これは、立ち合い時に即効シャッターを上げられてしまい不発です。。

 

まとめ

この3つを実践した結果、退去費用を5400円におさえることができました。

この5400円の内訳は、壁紙張り直しを平米計算したものらしいです。

 

私が実践した中で、いちばん効いたのはお風呂を掃除した後の排水溝のふたをあけていたこと!

立ち合いされる方に

掃除しました!アピールの仕方としては、この方法が効いたように思います。